My Denim Jacket Collection ~ SIZEについて

My Denim Jacket Collection ~ SIZEについて

最近よく聞かれるので

なんでこんなに同じものを持っている理由を話したいと思います

間違いなく情熱を注いできたジャンルの歴史に残る作品は、物欲というより、資料として揃えたいのがコレクター魂?、いやプロ魂?なのである

という理由も仕事柄あるのですが

このアイテムを集めていた頃は

仕事をしていなかったので

本当の理由は…….

 

ジャケットの中に着るアイテムによってSIZEを変えているというのが正解となります!

 

今みたいにインターネットが発達していないので、501の特徴であるシュリンク・トゥ・フィットなんて理解していなかったからみたいな話をデニムの時にしましたが、同年代にリリースされていたデニムジャケットも同じ生地なので縮む訳です

最初は水を通して、サイズを縮めるのですが、今みたいに熱湯に浸けてノリを落としてから履くなんて知らなかったし、ランドリーなんて使う気分でもなかったので、1サイズどころか2サイズくらい最初大きい

ということを意識していたのは、デニムパンツだけでしたが、デニムジャケットはシャツ感覚か?、アウター感覚で着るのか?で悩む訳です

で、もちろんデッドストックで最初から購入できるほど、縁もお金もない訳ですから

買えるのは、濃いめといっても縮みがある程度落ち着いたミディアムくらいの色目となる訳です

で、中にスウェットを着て羽織るのがかっこいいと思っている時、いや Tシャツだろ!、シャツじゃねーか!な場合は、ジャストというより少し大きめを買えばある程度対応できますから良いのですが

やっぱり最初は王道というか、当時どんな感じで着てたんだっていうことを写真集などで調べ始める訳です

そうするとTシャツ、シャツなんかで着ている場合が多いので

ジャストで買うことになります

しかし、日本のその時の流行が大きめとか、中にスウェット、更にダブルフェイスの厚手のスウェットを着るなんていうのが提案されたら

大きめを買わないとパツパツでダサいですから

合うサイズを買うことになります

そんなこんなしているうちに

506XXで言えば、初期型、大戦期、後期型、さらにT-Back

507XXで言えば、初期型、後期型、さらにT-Back、脇はぎ

557、70505、他にもLONGなんかの品番もあり

というモデルの細分化があることから

年間を通して同じスタイルをしたいならば、全てのモデルに対してジャストとオーバーサイズという具合にインナーに着るアイテムに合わせて2SIZE買わないとできない訳です

で私の場合は、縮み後SIZE40前後とSIZE42前後のサイズ感を購入してストックしています

3年前から着るようになったWAREHOUSE & CO.のアイテムでは、42,44,46,48と購入して楽しんでいる訳ですが、42,44以外は縮んでもかなりデカイですから

完全に楽しい訳です

皆さんもインナーに合わせて買ってみたら

かなりデニムジャケットを好きになるかもしれません

というくらい

インナー次第でSIZE選びも変わるし

着ている時のバランスも重要になりますから

奥が深い訳です…………..

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Calender

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ARCHIVE

ピックアップ記事

PAGE TOP