Rusko/Songs

Rusko/Songs

ダブ・ステップ・シーンの最重要人物のRuskoの2ndアルバム!

リーズ大学を卒業後、ロンドンに拠点を移し、CaspaとともにSub Soldiersレーベルで活動をし始める、2006年には、シングル「SNES Dub」でDub Policeからデビュー、その後、Caspaの『FabricLive.37』 に参加しつつ、シングルを続々と発射し、そのアゲアゲなサウンド・プロダクションで幅広い人気を獲得

Kid Cudi「Day ‘N Night Remix」でアメリカにも人気が波及し、2009年Sub Soldiersシングル「Cockney Thug」ではPete Tong、Switch、M.I.A.、Santigold.等々とコラボしたリミックスも誕生した

さらに、The Prodigy「Take Me to the Hospital (Rusko Remix)」、Skunk Anansie「I Can Dream Remix」、Lady GaGa「Alejandro (Rusko’s Pupuseria Remix)」も手掛け、英米のシーンにおいて欠かせない存在になっていった

2010年に発表したデビュー・アルバム『O.M.G.!』で、その才能を世の中へ知らしめることになり、そして、世界のダンス・ミュージック・シーンにRuskoの時代が到来する予感を感じさせる今作が誕生した訳である

英国リーズ出身で、ダブ・ステップの新たなスタンダードを築きあげた天才クリエーターRuskoの1stリリースから2年ぶりとなる今作からは、UKガ ラージ〜アーバン・ダブ・ステップなリード・シングル「Somebody To Love」が既に本国UKのフロアで人気を得ており、これまでUKG、4×4、ラガ、レイヴ、ドラムン・ベース等々を飲み込んだ超バウンシー&超マッシヴ なキラー・ チューンを数えきれないほどシーンに叩き込んできたダブ・ステップ・シーンの寵児による新作だけに期待は高まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Calender

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ARCHIVE

ピックアップ記事

PAGE TOP