我が家の武士道的な日本刀と明治以降の軍刀のお勉強

我が家の武士道的な日本刀と明治以降の軍刀のお勉強

現代刀は厳密には明治9年の廃刀令以降に作られた刀の事です

上で紹介するのはそれ以前のスタイルとなります

明治・大正期は日本刀はあまり作られていません

簡単な歴史のおさらい

昭和前期に軍刀として作られた刀はそれ以前やそれ以降の刀とは一線を隔する特徴があるのです

廃刀令で刀の需要が大幅に減り、さらに不要になった刀を売ってしまった士族もたくさんいたそうで、市場に廃刀令以前に作られた刀が豊富に存在したため、新規に作刀しても売れなかったそうです

明治から大正というと、文明開化→大正デモクラシーといった西洋化の時代ですから、日本刀などの伝統工芸品の価値はあまりなかったと思われます

この情勢が急変するのは昭和に入ってからだそうで、日本軍では将校と下士官と一部の兵科の兵士(憲兵や騎兵など)の標準装備として軍刀が支給されてから実際に多数の日本刀が軍刀として利用されたそうです

国粋主義の風潮が強くなった時世とも相まって、刀剣業界でも軍刀としての実用性能が高い日本刀を作ろうという機運が沸き起こり、それを陸軍が支援する事となり大量の軍刀刀身用の日本刀が作られる事となったそうです

この時期に軍刀の拵もサーベル型から日本刀型に変更されたみたいですね

武士道の父方面からのクラシックな打刀と脇差し、母方面からの軍刀

お盆なんで、80歳になる親父から子供へ刀の説明をしてもらいました

 

 

 

Calender

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ARCHIVE

ピックアップ記事

PAGE TOP