My Comme des Garçons Collection ~ Case of COMME des GARCONS SHIRT

My Comme des Garçons Collection ~ Case of COMME des GARCONS SHIRT

Comme des Garçonsは、DCブランド世代である5歳上の兄が着ていので、お下がりなんかをもらっていた事もあり知っていた

その後、文化服装学院に伯母さんがいたので通うようになった訳ですが、Comme des Garçonsに興味が湧いてきた頃、同級生に渋谷の神南にあるMIDWESTの御曹司がいた事から

その大澤くんが着ていたCOMME des GARCONS SHIRTなるフランス企画、フランス生産のシャツを譲っていただいた事から今に至っている訳だが

残念ながら大澤くんに譲っていただいた白のシャツ2枚は、あまりに愛用しすぎたことにより現在は手元にいない

もう25年以上、私を相手にしてくれる大澤くんと

そんなことを年末頃に話したことを思い出して

タンスから引っ張り出してみた

基本的にデザイン次第で購入しているので、25年くらい集めていますが

サイズが大きい時やタイトすぎる場合もあるので

仕事で訪れた際に世界中で買ってきましたが

この7枚が個人的にはFOEVERかなと

感じています

よくSPA系アパレルの人に、COMME des GARCONS SHIRTは第一ボタンと第二ボタンの間隔が狭いから好きじゃないとか

いつも同じの着てるよね!

なんて失礼なことを言われたことがありましたが、私からしたら好きでたくさん持っている訳で

見た目が似たようなパッチワークだからって同じじゃ無いけど、そんな感じでなんですね?って言ってその場を過ごしたことがありました

そんな人に限って、トレンド次第ではフレンチファッションなスタイリングな時期もあるから

第一ボタンと第二ボタンの間隔が狭いスタイルもフレンチですからね!

その後、その仕事先の後輩がCOMME des GARCONS SHIRTはサイズが大きいですよね

自分にサイズの合うCOMME des GARCONS SHIRTの系統にあたるブランドで探して着てますと言っていたが

まさに、まともな解答である

 

それにしても大澤くんに教えてもらった洋服は

未だに世界を魅了しているブランドばかりなので

やっぱすごいですね

これからも宜しくです

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Calender

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ARCHIVE

ピックアップ記事

  1. Karl Jenkins / The London Philharmonic Strings / Diamond Music
PAGE TOP