Black Moon/Enta Da Stage

MUSIC

Black Moon/Enta Da Stage

Boot Camp Clik一派のBlack Moonが、93年にリリースした1st Album Enta Da Stageは、歴史的名盤と言われており、また、Da Beatminerz (DJ Evil Dee)の名を一躍シーンにひろめる切っ掛けっかけとなった作品である!

ハードコア全盛になりつつあった’92年のNYヒップホップ・シーンでメキメキと頭角を現した、ブルックリン出身のBuckshot、Evil D、5FTの3人からなるBlack Moonは、シンプルにジャズ/ジャズ・ファンクねた使用+独特のフィルター加工+重低音のハーコー・プロダクションがマッチした作風で、出すシングルどれもがクラシック化し、今作は、Source誌に年間ベスト・アルバムとして認定された

彼らの魅力はメインMCであるBuckshotのダルなライムフロウと何と言ってもDa Beatminerzの音である

特徴のあるベース・ラインに、バランス感を無視した極端な重低音で、アンダーグラウンド臭プンプンな作風ですが、ジャズ・ファンクを基調としたネタにフィルター処理を施したロウなビートは、Da Beatminerzならではな作風でヤバい!

制作は、DJ Evil DeeとMr. Walt兄弟が核となるDa Beatminerzがおこなっている

ゲストには、Boot Camp ClikからSmif-N-Wessun、Dru Ha、Havocなどが参加

今作からは、歴史に残るに残るクラシックといわれているWho Got Da Props?、How Many Emcee’s (Must Get Dissed)、Act Like U Want It、I Got Cha Opin、Buck Em Down、Shit Iz Realなどがシングル・カットされ、カットはされていないものの人気なSmif-N-WessunとのBlack Smif-N-Wessunやアルバム未収録だがHeadz Ain’t Redee!を同時期に発表している

今聴いてもカッコいい作品の一つであるのでおススメしたい

 

 

 

 

Related Articles

Recommend

Recent Articles

  1. 花十番 自由が丘店の方でMTG

  2. 久々にBar Espanol LA BODEGAでMTG

  3. TOKYO 2023 ~ Japan National Stadium – 明治安田J1リーグ 第18節 ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレ 戦へ

  4. 上海からの初上陸のPIE BIRDへ

  5. 鼎泰豐 自由が丘でMTG

Ranking

  1. 1

    My Wrangler Denim Jacket Collection ~ Original Vintage 11MJ & 111MJ

  2. 2

    My Arc’teryx LEAF Collection Part.2

  3. 3

    2022年に本家LEVI’Sが復刻したセパレートバック = T-Back

  4. 4

    NIKE × OFF-WHITE AIR FORCE 1 MID BLACK & CLEAR

  5. 5

    Teddy Pendergrass – Do Me

Archive
TOP