Milano 2011 Season 1 ~ Window Shopping Vol.3

FASHION

Milano 2011 Season 1 ~ Window Shopping Vol.3

ミラノ市内南部の運河地区Naviglio Grande(ナヴィリオ・グランデ‐大運河)周辺にある日本の裏原カルチャーのブランドを多数取り扱うSlam Jamやモード系ブランドを多数取り揃えているAntonioliを見てから、Stussy Store Milanoがある若者の通りCorso di Porta Ticinese(コルソ・ディ・ポルタ・ティチネーゼ通り)へ

途中にあるMaurizio Pellegrini(マウリッツィオ・ペレグリーニ)がデザインをするB’Sbeeに立ち寄り

その後、Corso di Porta Ticinese(コルソ・ディ・ポルタ・ティチネーゼ通り)に数年前できたSpecialというスニーカーのセレクトショップを見て、Levi’s Vintage Clothingを覗いた後、老舗の業界人御用達セレクトショップBiffi

気になった所では、Slam Jamに置いてあったイギリスのブランドStone IslandのニューラインSHADOW

このラインは、STONE ISLANDとACRONYMのErrolson Hugh(エロルソン・ヒュー)の出会いから誕生したラインだそうで、かなりカッコ良い!

VisvimやNeighborhood、Supremeなどのレアモノもあまっていたが、個人的には、Stone IslandのSHADOWラインが気になった

モード系では、Antonioliで見たRick Owensの加工レザーのライダースやサルエル・ショーツ、Label Under Constructionのニット系は勿論だが、ジャケットやパンツなども気になった

あとは、Balmanなども良かったが、ノリにノッているAnn Demeulemeesterは、今シーズンも良さそう!

業界人御用達なBiffiでは、Moncler gamme bleuやDior、GucciやJohn Galiano、Brooks Brothers Black Fleeceなどを拝見したが、目新しいデザインの物はなかった

しかし、COMME des GARCONS Junya Watanabe Manは良かった

 

 

 

 

Related Articles

Recommend

Recent Articles

  1. 鼎泰豐 自由が丘でMTG

  2. Bar TramでMTG

  3. 鴨すき鍋やりに鳥名子でMTG

  4. Pizzeria & Trattoria GONZO Jiyugaoka

  5. 彰郎ちゃんプレゼンツで焼肉ホルモン 青一

Ranking

  1. 1

    My Wrangler Denim Jacket Collection ~ Original Vintage 11MJ & 111MJ

  2. 2

    NIKE × OFF-WHITE AIR FORCE 1 MID BLACK & CLEAR

  3. 3

    My Arc’teryx LEAF Collection Part.2

  4. 4

    2022年に本家LEVI’Sが復刻したセパレートバック = T-Back

  5. 5

    Teddy Pendergrass – Do Me

Archive
TOP