My Wrangler × Peter Max Collection

My Wrangler × Peter Max Collection

EU企画の復刻

70’s Original

70’s Original

EU企画の復刻

EU企画の復刻

Wrangler製ではないですが70’s  Original

1937年にドイツのベルリンで生まれたPeter Maxは、1960年代のポップ・イコノグラフィで知られるアメリカ合衆国の美術家

ユダヤ系であったためナチスの迫害を恐れた両親は1938年、マックスを連れてドイツを出国。その後、中国の上海市、イスラエルを経て、1953年、一家はアメリカ合衆国に移住したそうで、1956年にはマンハッタンのアート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークで正式に美術解剖学、人物素描、構図の勉強を始めた。1962年には友人のトム・ダリーと一緒に、マンハッタンに小さなアート・スタジオを開いた。その頃、リバーサイド・レコードからミード・ルクス・ルイスのアルバムのカバー・アートを依頼され、このアルバムは1962年にthe Society of Illustratorsから金メダルを受賞した。写真をコラージュの素材にして、Bettman archivesのアンティックな写真を利用した「Bettman Panopticon」展を開いたり、天文学への関心は、ポスター・アートや『ザ・トゥナイト・ショー』への出演(1968年)などを通してマックスのコズミックな60年代につながる。1969年5月9日には雑誌『ライフ』の表紙も飾った。1968年のポスター『Love』は1960年代後期のカウンターカルチャー・イコノグラフィの先頭に位置していたが、1970年になると、マックスのデザインしたアクセサリーは、偽ヒッピーの印としてからかわれるようになってしまった。1970年に多くの作品、ポスターがサンフランシスコのデ・ヤング美術館の「The World of Peter Max」展で展示され、アメリカ合衆国郵便公社はマックスにワシントン州スポケーンで開催されたスポーケン国際博覧会(Expo 74)の10セント記念切手を委嘱した。1976年7月4日、マックスは自由の女神像の修復を先頭に立って援助するため、自身の『自由の女神像』シリーズを、クライスラー社のCEOリー・アイアコッカとともに開始。 1980年代から多くのメジャーなイベントの公式アーティストを務めた。その中には、グラミー賞、ロックの殿堂、スーパーボウルなどがある。

彼は、1956年から1989年までの各年のシボレー・コルベットを36台コレクションしているそうです。

今回紹介しているのは、70年代にリリースされ、程度の良いものがなかなか集まらないWrangler by Peter Maxシリーズのアイテムです。ウールのCPOシャツ、コーデュロイのシャツジャケットやスウェットシャツがオリジナルで、他のボアジャケットやコーデュロイシャツ、コットンツイルのシャツなどはEUのWranglerが復刻したのもです。

 

Calender

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ARCHIVE

ピックアップ記事

PAGE TOP