Original Vintage Lee 100-J, 102-J, 108-J Jackets

Original Vintage Lee 100-J, 102-J, 108-J Jackets

Lee×WAREHOUSE 復刻 ARCHIVES 100-J 1959 Model

60年代初期

60年代後期「M.R.マーク」- ピスネームRのみ

60年代後期「M.R.マーク」- ピスネームRのみ

60年代

60年代

60年代

 

調べてみました

 

1899年にH.D.Lee.マーカンスタイル・カンパニーを設立、この会社は食料品を扱う卸商社ですが、後に雑貨品や衣料も扱うようになり、1911年にオリジナルのワークウェアの生産・販売を開始、LEVI’S、Wranglerと並んで、アメリカの3大ジーンズブランドの一つでもある

ワークウェアでは非常に強力なシェアを持っていたと言われているLee社

LEVI’Sが9ozのデニムを採用していた時代に13ozのデニムを採用していたそうだが、1925年、11ozですが織りに工夫を凝らし強度と耐久性を高めた独自開発の新素材Jelt Denimを発表!

Lee社は1926年以降、Jelt Denimを用いた商品を次々と開発していったそうです

今回取り上げているLee 100-J , 102-J (Westerner)は、ウェストウィーブと名づけられたコットンサテンを使用し1959年頃に発売が開始されたそうで、Prototypeには黒タグが付いているものも存在する

ホワイトジーンズの先駆けといえるスタイリッシュなパンツを中心に、アイビーリーガーの間でブームが巻き起こった

発売時はオフホワイトのみでしたが、品番は変わりますが1960年初期にモカブラウンが発表され、 その後、黒、緑、茶、赤、水色などがラインナップされた

そして希少性の高いLight Blue Denim版のBLU-FAST DENIMシリーズである108-J!

今回紹介した物は、1946年にリリースしたLee Riders 101-J Denim Jacketのバリエーションとしてリリースされたもので、ウエスタンスタイルに特化したジャケットとして、内側に傾いた胸ポケットは、カウボーイが乗馬中にが反対側の手が簡単にポケットの中に届く様に工夫されたものである

また、ボタンを留めた状態でも乗馬スタイルの時にフィットするよう立体的な構造や幅の広いウエストバンドを採用する非常に完成度が高い商品である

 

VINTAGE古着が面白くなり始めた頃、学友が圧倒的にLEVI’Sを着用していた事もあり、個人的にLeeを集めていたわけですが、後に仕事でお世話になった尊敬しているオシャレな社長がLeeをコレクションしている事を知り、さらに追求していったLee

長い歳月をかけたが、まあまあ発掘に成功している方なんだろうか?

 

Calender

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ARCHIVE

ピックアップ記事

PAGE TOP