Miyazaki 2016 ~ A Day In The Life Of Miyazaki Vol.8 – 高千穂あまてらす鉄道

Miyazaki 2016 ~ A Day In The Life Of Miyazaki Vol.8 – 高千穂あまてらす鉄道

高千穂線(たかちほせん)は、かつて宮崎県延岡市の延岡駅から宮崎県西臼杵郡高千穂町の高千穂駅を結んでいた高千穂鉄道の鉄道路線である

五ヶ瀬川に沿って、宮崎県北部の工業都市延岡市と神話の里高千穂町を結ぶこの路線には、深角 – 天岩戸間の高千穂橋梁(全長353m)は水面からの高さが105mもある、日本一高い鉄道橋もあり、旧国鉄時代から同橋梁上では乗客に対して眺望や高さを堪能させることも目的とした徐行運転を行っていたそうだ

2005年9月6日の台風14号による増水で第一五ヶ瀬川橋梁(川水流 – 上崎間)、第二五ヶ瀬川橋梁(亀ヶ崎 – 槇峰間)が流失するなど全線にわたって甚大な被害を受け、運行休止となり、宮崎県や沿線自治体が復旧費用の負担に難色を示したため、高千穂鉄道としての復旧・運行再開を断念し、全線廃止とすることが決定され、2007年9月6日に延岡 – 槇峰間が廃止、翌2008年12月28日に高千穂 – 槇峰間も含む全線が廃止された

以前は、日本国有鉄道(国鉄)大分鉄道管理局、九州旅客鉄道(JR九州)の路線であった

この路線は、民間で復旧・運行再開をする企業・団体が現れれば譲渡を検討するとしており、宮崎県内外からいくつかの企業が名乗りを上げたほか、現在は、高千穂町の観光・商工関係者らが部分運行再開のための会社として「神話高千穂トロッコ鉄道(しんわたかちほトロッコてつどう)」を設立し観光地として開放している

同社は、まずは2008年12月に廃止された日之影温泉 – 高千穂間で部分運行再開し、その後日之影温泉から槇峰、将来的には、2007年に廃線となった延岡までの再開を目指している

なお、同社は2008年4月1日に「高千穂あまてらす鉄道」と改称された

TAKACHIHO 00128

TAKACHIHO 00129

TAKACHIHO 00130

TAKACHIHO 00131

TAKACHIHO 00133

TAKACHIHO 00134

TAKACHIHO 00132

TAKACHIHO 00138

TAKACHIHO 00135

TAKACHIHO 00136TAKACHIHO 00137

TAKACHIHO 00139

TAKACHIHO 00141

TAKACHIHO 00140

TAKACHIHO 00142

TAKACHIHO 00143

TAKACHIHO 00144

TAKACHIHO 00145

TAKACHIHO 00146

TAKACHIHO 00147

TAKACHIHO 00148

TAKACHIHO 00149

TAKACHIHO 00150

TAKACHIHO 00151

TAKACHIHO 00168

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Calender

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ピックアップ記事

PAGE TOP