Miyazaki 2016 ~ A Day In The Life Of Miyazaki Vol.7 – 高千穂峡

Miyazaki 2016 ~ A Day In The Life Of Miyazaki Vol.7 – 高千穂峡

高千穂峡は、太古の昔、阿蘇山の火山活動によって噴出した火砕流が五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、冷え固まり侵食された断崖がそそり立つ峡谷で、高いところで100m、 平均80mの断崖が東西に約7キロに渡って続いている

噴出した火砕流が急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった峡谷である

1934年(昭和9)11月10日、「五箇瀬川峡谷」として国の名勝・天然記念物に指定されています

昭和40年には祖母傾国定公園の一部に指定され、峡谷内には日本の滝百選に指定されている名瀑「真名井の滝」があり、約17mの高さから水面に落ちる様は高千穂峡を象徴する風景が高千穂峡のシンボルとなっています

天孫降臨の際、この地に水がなかったので、 天村雲命(アメノムラクモノミコト)が水種を移した「天真名井」から湧き出る水が水源の滝と伝えられています

付近には日本の滝百選にも選ばれた真名井の滝、槍飛橋などがあり、神話に由縁のある「おのころ島」や「月形」「鬼八の力石」など、 高千穂峡の遊歩道のみで高千穂の魅力を十分に感じることができるスポットといえます

貸しボートで滝まで接近できるのでトライしてほしい

高千穂三橋からは、一つの峡谷の一か所に三本ものアーチ橋を見ることができ、全国でもここだけだと言われております

また、高千穂の伝説に残る鬼八が投げたという鬼八の力石など、神話と伝説に所縁のあるスポットが数多く存在しています

さらに、柱状節理や深いV字型の美しい峡谷、柱状節理でできた断崖「仙人の屏風岩」は迫力満点

p1050504

p1050506

p1050508

p1050509

p1050510

p1050511

p1050512

p1050513

p1050515

p1050516

p1050518

p1050519

p1050520

p1050522

p1050523

p1050524

p1050525

p1050526

p1050527

p1050528

p1050529

p1050530

p1050531

p1050532

p1050533

p1050534

p1050535

p1050536

p1050537

p1050538

p1050540

p1050542

p1050543

p1050544

p1050546

p1050547

p1050549

p1050551

p1050553

p1050555

p1050556

p1050559

p1050560

p1050562

p1050563

p1050565

p1050564

p1050571

p1050573

p1050575

p1050576

p1050579

p1050582

p1050580

p1050590

p1050589

p1050591

p1050592

p1050595

p1050597

p1050603

p1050604

p1050605

p1050606

p1050608

p1050610

p1050611

p1050613

p1050615

p1050620

p1050631

p1050643

p1050649

p1050659

p1050665

p1050692

p1050707

p1050728

p1050732

p1050734

p1050737p1050739

p1050747

p1050759

p1050769

p1050775

p1050778

p1050784

p1050811

p1050820

p1050827

p1050831

p1050835

p1050841

p1050852

p1050856

p1050877

p1050880

p1050883

p1050888

p1050895

p1050898

p1050901

p1050904

p1050905

p1050906

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Calender

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ピックアップ記事

PAGE TOP