G-Wiz/Dirty Luv

G-Wiz/Dirty Luv

1993年にB.T.S. Featuring Jamiz名義でAlbum、Jamiz名義でプロモですがシングルGet LootをリリースしていたJamahl Harrisが同時期にサウンドを製作しメンバーとしても活動していたG-Wiz

 

もう少し評価されてもよかったんではないかと思うので紹介することにした

 

当時は、Teddy Rileyが仕掛けたNew Jack Swingブームの終焉と共に元気のなかったブラックミュージック市場

Jamahl Harrisは、Big YamことGerald Baillergeauに可愛がってもらっていたと思われるが、Grand Jury Entertainmentから本人名義のNew Jack Swing延長上のヒップホップからG-Funkよろしくなウェッサイ・サウンドを披露しているAlbum、G-Wiz名義でScotti Bros. RecordsからNew Jack Swingなナンバーが収録されているMini Albumを同時期にリリースしている

今後を期待されていたのは間違えないと言えるが、両方の収録曲を聞いてみると音的に制作時期が違うものが並んでいることがわかるので、多分、低迷気味だったマーケットに巻き込まれた形でのリリースだった為か本来の評価を得ることができなかったのではないかと推測することができる

 

94年にプロモでリリースされたDirty Luv

A1. Pop Version

A2. R&B Edit

A3. Funk Version

A4. Vocoder FUNK Version

B1. House Mix

B2. House Instrumental

B3. Laid Back Version

Pop Versionも人気があったが、わたし的にはR&B Editが一番である

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Calender

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

PAGE TOP