「時間格差社会」を描いたSF映画『In Time』

「時間格差社会」を描いたSF映画『In Time』

『In Time』の世界では、人々の腕にタイム・クロックが埋め込まれる

富裕層は非常に長い命を持つことができるが、貧しい人々は25歳になると、あと1年しか命の猶予がなく、26歳以後は自分の時間を切り売りして生きていかなければならない

 

「時間格差社会」

 

ジャスティン・ティンバーレイクが演じる反逆の主人公に、ひとりの男が自分の本当の年齢を告げる

その中で社会の成り立ちが説明され、ドラマチックな決めぜりふが語られ………………………………….

 

老化遺伝子の除去方法が発見され25歳になるともうそれ以上年をとらなくなる未来

 

監督と脚本は、『ガタカ』(1997年)で映画監督デビューを飾り、『トゥルーマン・ショー』(1998年)の脚本を執筆、『ターミナル』(2004)の原案・製作総指揮を担当したアンドリュー・ニコル

 

それにしても、ショート・ヘアーなアマンダ・サイフリッドって最高に綺麗!

Calender

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ARCHIVE

ピックアップ記事

PAGE TOP