Roland TR-808が登場して以降のFunk-Boogie ~ Synth-Popを経て、HouseやRAPなどを飲み込んでいったNew Jack Swingな音が新鮮!

Roland TR-808が登場して以降のFunk-Boogie ~ Synth-Popを経て、HouseやRAPなどを飲み込んでいったNew Jack Swingな音が新鮮!

New Jack Swingは、ラップ、ダンスポップ、R&Bをミックスし、ディスコ、ソウル、ロックンロールの要素を入れていたハーレムを反映させたローカルなものだったそうで、ユニークな音楽としてどんどん広がっていった

正直、New Jack Swingは生音と違って今聞くと音色的にダサいのですが、Teddy Rileyは、R&BとHIP HOPのハイブリッドサウンドだったと言われているように、当時のシーンにおいて、まったく新しいサウンドをクリエイトした革命者だったのだろう

Bruno Marsがリバイバルして、Funk-BoogieやNew Jack Swingが注目されているが、Roland TR-808がもたらしたサウンド革命やTeddy RileyがもたらしたNew Jack Swingなるムーブメントの偉大さを現在に伝えたかったのだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Calender

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ピックアップ記事

  1. 2018/6/29

    Bluff City
PAGE TOP