Nao/For All We Know

Nao/For All We Know

シルキー・ヴォイスとベースミュージックが生みだすソウルの進化形!

シルキーでガーリーなヴォーカルと、UKベースミュージックのエッセンスたっぷりなビートとベースの共鳴が生みだす新感覚なサウンド

ロンドンの名門ギルドホール音楽院でジャズを学び、セッション・ミュージシャンとしてヴォーカルの研鑽を積んだ経歴の持ち主で、圧倒的なグルーヴ感と美しくナチュラルな表現は、ハイレベルなミュージシャンである証か?

NAOはイースト・ロンドン出身のシンガー・ソングライターで、これまでにEPでSo Good (2014年)、February 15 (2015年)をリリースしている

ファンク色の強いInhale Exhale、Happy、Fool To Loveなどを始め、ブルージーなBad BloodやGirlfriendなど、美しくコントロールされたヴォーカルが最大の魅力で、トレンドであるハウスやドラムン・ベースの影響を感じさせるトラックなどとの相性も良い

Disclosureの最新アルバムCaracalのSuperegoにフィーチャーされている通り、エレクトロとの相性も抜群

個人的には、新しいビート・ミュージックとしても楽しめるDrakeのレコードレーベルOVO SoundからデビューしたデュオMajid Jordanも好きだが、今年のマストな作品としてNaoもお勧めしたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Calender

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ピックアップ記事

PAGE TOP